健康にいい断食。

宿便って、聞いたことがありますか。僕はもう20年も前にこの言葉を初めて耳にしました。

宿便は腸管内壁にこびりついた古い便のことでしょ、というように考えるのは、どうやら間違いのようですね。まあ、ほとんどの人がそう思ってたんじゃないでしょうか。

ようするに宿便とは、食べた食物が腸管内に残ること。これが宿便の正体だと言われています。古い食物が腸管内で停滞すれば、発癌物質が生じる危険もあるそうです。だから便秘は大腸癌の危険因子だとも言われている。宿便って、怖いものだったのですね。

この宿便があるかどうかの判断法がある。たとえば、宿便があると手の平に青い血管のすじが浮き上がって見えるそうですよ。ちょっと確認してみましょう。そのすじが太く濃くなってくると宿便が多くなっていると言われています。

この恐ろしい宿便を排出するには、断食という手段がある。断食中に宿便が排泄され、腸管内がキレイになるのですね。これだけ見ても、断食が健康にいいということが分かると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です